No.83 教えて!あなたのハマリもの

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

客席の驚きと笑顔が私の喜び。摩訶不思議な世界へいざなう。

 80歳を過ぎて始めたマジック。師匠から名を受け、各所で披露するほどハマった佐伯清美さん(80代男性)に、その魅力を聞きました。

 昔から、マジックをやりたいと焦がれ「八十の手習い」とはまさにこのこと、数年前から「もたもた亭牧童」師匠に教えを請い、「もたもた亭楽童」の名をいただきました。福祉施設や学童クラブ、お寺の催しなど呼ばれればどこへでも赴き、ひもやトランプ、コインなどを使ったマジックを披露しています。
 マジックをして相手が驚き、笑顔になると私も元気になります。また、その場や相手に応じた掛け合いも魅力のひとつです。
 人の幸せを願う気持ちと「やりたい」思いがあれば、何かを始めるのに遅いということはありません。

出典:http://sunyama.soreccha.jp/e428914.html